スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リフレイン中

興奮冷めやらぬまま一夜が明けて…
寝不足のエイターさんも多いのでは?(笑)

デイリーには博貴(普段私は「内」「うってぃー」呼びなんですが、文章内で使うと紛らわしいので「博貴」と呼ばせていただきます)がステージに立ったことも書かれていますね。
結構詳しい。

■デイリースポーツ
http://www.daily.co.jp/gossip/2007/08/06/0000517278.shtml


章大が、関ジャニ∞がなんちゃらかんちゃらって叫んだのは覚えてたんですが、細かい言葉はもうパニックのあまり思い出せなくて、そしたら新聞にちゃんと書かれてました。

「これが関ジャニ∞だーー!!」

多くの方が、博貴が登場したくだりを書いているでしょうから、いまさらとは思いますが、自分メモ的に残したいと思います。
人によって若干記憶違いもあるみたいなので、沢山のレポ読んで、多数決でだいたいの概要を察してください(笑)
たとえば「みんな、笑え!」「笑おうぜ!」って言ったのも「すばる」だという人もいれば「ヒナ」だと言う人もいる。
私もヒナの声で頭に残ってるのですが、よくよく思い返せば、もしかしたら2人で交互に言ってたかも。
「笑おうぜ」はヒナだったと思います。
そのときに、ああ、「泣く」というネガティブな言葉を使わないのがヒナらしいなって思ったんです。
まぁ答えは再現VTRでも見ない限りわかりませんけど(笑)

ネタバレじゃない部分を、ちょっと順を追ってメモメモ。

<8/5 東京ドーム> 言葉は全てニュアンスです
・たっちょんが挨拶をしはじめたら、なぜかハケるはずのメンバーが全員センターステージに残ったまま。たちょの言葉を遮って、ヒナが「今日は素晴らしいゲストがいらしてます」と紹介を。
なんと三浦カズ選手がいらしてました!
な、なんでーー!?
しかしこんなにサッカー選手が続々と見にきてくれるグループもいないでしょうな(笑) ヒナの人脈なのかしら。
・気を取り直して、「あらためて挨拶します!」というたっちょんが可愛い。
・ヨコのご挨拶。「昨日『でっかい卵の中で~』と木村拓哉さんの言葉を使わせてもらったら、全紙に載っちゃいました~。それを木村さんが見てないかドキドキしてます~」
・久しぶりに章大語現る。
「皆、今日、この時間をしっかり心にしがみつけて…」
それはもしや、「刻みつけて」って言いたかったの?
・MC。
盛り上がりそうな話題を求めて四苦八苦するヨコちょが素敵。
急に「恋と愛の違いはなに?」とか言い出したりします。
亮ちゃん、綺麗にまとめてたんだけど、ごめんなさい、忘れちゃいました。
ヒナは「『情』があるのが愛やと思う。『愛情』ってあるけど、恋はないやろ?」と。
しかし会場の反応は薄し。不満そうなヒナがおかしかった。
一応ね、『恋情(れんじょう)』ってあるからね、ヒナちゃん
たっちょんは「好きの最上級が『愛』なんちゃうん?」と。
分かりやすい説明で客席も「おー」。
ヨコ的には「『好き』という感情がなくなっても一緒にいられるのが『愛』」と言ってました。リアルやね。
・恋愛トークも区切りがついたので、今度はいきなり「夕べなにしてました?」とヨコ。
ここ最近ツアーでいつも一緒なため、プライベートもばらばらな時があるそうで。
ここでヨコから章大担的に美味しい話がきけました
曰く、夕べ、本日の入り時間を確認するためにヨコが章ちゃんに電話をかけたそうで、「このメンバーの中で一番聞き易いのがヤスくんだったんです。雑用係的な」と言うてました。
照れ隠し?(笑)
「雑用係は悲しいからやめて」みたいに章ちゃん哀願。
本題の入り時間を確認した後、なぜか章大の方から「ありがとう」と言い出し、ヨコはハテナ状態。
どうやら章大、電話しながらだんだんヒートアップしたようで。
「今日はご飯誘ってくれたのにいけなくてごめん。(略)キミくん、明日頑張る?…俺、頑張ってるキミくんが大好き」と告白したそうです。
メンバー同士でどんな電話してるんですか(笑)
ヨコにバラされて「あちゃ~」とばかりに、顔面半分を手で覆って俯き気味に苦笑してるしょーた。
「何言うてんねん」とヒナからスパコ~ンとはたかれてました。
その後、「いーこいーこ」という感じでヒナに髪をくしゃくしゃされてましたけど。ヒナってよく章大の髪、くしゃくしゃにしますよね。
で、そのとき大倉氏がなぜか「昨日なんか甘えたモードやってん」と言い出して。
なんで君がそれを知っとるんじゃ!
答えはもちろん、“章ちゃんと一緒にいたから”(爆)。
っていうか、たっちょんとの約束があって、ヨコのお食事の誘いを断ったんか??
またヨコに「安田がひどい」と言われそう
残念ながら時間があまりなくて、ヨコも自分の話に最後までオチをつけたかったからか、たっちょんのこの一言はスルーされてしまいました。
その後、たっちょんと章ちゃんが一緒にいることを知らずに、今度はインターネットのことで聞きたいことがあって、ヨコはたっちょんに電話したそうです。
そのときのたっちょんのテンションはかなり高くて、
「インターネットやろぉ?それやったらこれをこうしたらイケるんちゃうん~」ってな感じだったそうで。
その見慣れたヨコによるたっちょんの物まねは、間違いなく酔っ払ってますね(笑)
ということは、たぶん章大も酔ってたんでしょうね。
2人が一緒にいるというのはヨコも後から知ったのかな?
なんか、一緒にいるのに別々に電話に出て、それぞれテンションが面白いという、その空気感がヨコ的にツボだったみたいです。
・一気に飛んで、アンコール。
最初「トリプル」と書きましたが、博貴を迎えにいったのはダブルのときだったようですね。ほんとに記憶曖昧です。
歌がはじまって、いつものように「歌って」と彼らに言われ、一生懸命『関風ファイティング』を熱唱するエイター。
各々煽りながら、エイトは一列になって中央花道を歩きながらセンターステージへ。
と、突然全員がそこからまるで軍隊のように、縦一列のまま方向転換して下手花道に向かって走り出すではないですか。
ドームは広いから、ゆっくり歌いながらじゃなくて、今回は全員で走りながら一周してご挨拶なのかなと思ったり。
でも、先頭を走る亮ちゃんの肩にヒナが腕を回していて、走るにしては不自然。
しかも、メンバー全員ある一点を目指して走ってる感じなんです。
そうこうしている間に、亮ちゃんがヒナの手を離れ、1人一目散に駆け出します。
花道から地面に飛び降りる姿はいまでも残像で焼きついているくらいカッコよかった。
今思えば、やっぱり一番気がはやっていたのは亮ちゃんで、迎えにいく役目をメンバーは亮ちゃんに託したんですね。
三塁側ベンチの関係者席に座っていた男性が亮ちゃんに手を引かれて花道下までやってきます。
正直、髪型や黒Tシャツに黒ジーンズといういでたちを見て、一瞬「タッキーがきた」って思っちゃいました(笑) それならメンバー全員で呼びにくるかな、とか。
でも彼がステージに上がったときの歓声が尋常じゃなくて、慌ててスクリーン見たら。
博貴が。
メンバーにもみくちゃにされてるはにかみ笑顔の博貴が映し出されているではないですか。
もう、その瞬間に頭スパークです。
メンバーが口々に「内!」と叫んでて、ダンゴになって、見てる方も訳わかりません。
ヒナが「お帰り!」って言ってたはず。
だから、私としては、もう「お帰り」といえる段階なのかなと思ったわけですが。
章ちゃんと博貴ががっしりハグしてる姿が見えて(というか、ちっちゃい章ちゃんが抱きこまれてる感じに見えましたが)、涙が溢れました。
ここでだったかなぁ。
しきりにヨコが「どーやった?どーやった?」と聞いてて(友人によれば「俺、どうやった?」と聞いてたらしい)たぶん「カッコよかった☆」的なことを返してたかと。
お調子者っぽいことを言ったのか、ヨコが「内はこういうとこ、やっぱりAB型やな」と言って、「そのへんは押さえてます」みたいな軽いレスポンスにさっそくヒナのツッコミがスパコンと入ってました。
でも、このやりとりを見て、博貴と他メンバーが常に連絡を取り合ってたんだなと再認識。
お互いに久しぶりに会話するという空気感はゼロでしたし、プレゾンでは気を張っているようだった博貴も、本当に以前のようなテンポで皆と会話してましたから。
ここで会場から「博貴」コールが起きて、ヨコ(だったかな)に「行ってこい」と背中押されてました。
バックステージに向かっての外周花道を、手を振ることはなく、ひたすら「すみません」とお辞儀をしながら歩いていく博貴。
でも表情は柔らかくて、エイターの「お帰り」の言葉にまだ手を振ることが許されないのがもどかしいくらいにも見えました。私の妄想ですけども。
それくらい、博貴は暖かい空気に包まれているように見えたのです。
メンバーもちょっと間を空けながら後ろからついていって。
途中でそれぞれの花道に散っていったかな?
皆、忘れてたでしょうけど、一応アンコールなんで(笑)
ようやくこのあたりからまた歌復活。
1人1人がセリフを言うところでは誰か「内博貴ー!」って言ってました。
その博貴が一塁側外周を回ってちょうどサイドまできたとき、少し迷うそぶりを見せたんですが、それを見て、ずっと近くを歩いていた章大が「そっち、そっち」とセンターステージのほうに行くよう指示してました。
お、お兄ちゃんだ~~
ここでセンターステージで全員集合。
横一列に並んだところで、博貴にマイクが渡され、「本当にすみませんでした」と神妙にご挨拶。
その後だったでしょうか。
亮ちゃんが自分のツアーTシャツを博貴に手渡します。
博貴さん、公開生着替え(笑)
相変わらずの仲良しぶりで、ほっとしたエイターも多かったことでしょう。
この器の大きさ、揺ぎ無さはエイトだからこそという気もします。
8人揃ってメインステージに戻り、「最高で最強の…」のやり直しです。
たぶんファンはもっと博貴に喋ってほしかったのでしょう。
「博貴」コールが止まなくて。
でも、ヨコヒナの表情を見る限り、今できることの限界はここまでだったようで。
特別なコメントをすることは、今は許されていないようでした。
ただ、「もうちょっと待って」という言葉は忘れられません。
その意味するところ、期待してもよいのでしょうか。
あまりにも会場がヒートアップしすぎたので、「皆、空気読めや」byヨコ、「もっと出来る子ぉや思ってたで?」byすばる とお叱りを受けてしまいました(笑)
でもこの2人の言葉でコールは止まり、笑いが起きて、エイターの気持ちが一つになったのはさすがとしかいいようがありません。
あの盛り上がりを鎮めることができるなんて、並大抵ではないと思います。
それだけ、エイターも素直なんですよね。
彼らの言うことはちゃんと聞く。
そして8人揃った関ジャニ∞と、5万5千人による「最高で最強の、関ジャニ∞!!」が成功致しました

一度ハケて、すぐトリプルアンコールで出てきて。
そのときは博貴と亮ちゃん、手を繋いで登場
繋いだ手をぶらぶらさせてました

あれ?
この後に「最高で最強の…」かしら?
そのあたりはお許しください。
わやくちゃですもん~~
ただ、ヨコの「俺らが頭を下げたらお前らも下げろ!俺らが手を挙げたらお前らも繋いだ手を挙げろ!」みたいに命令口調で叫んでて、えらくそれがカッコよかったのは覚えてます。
頭を下げるとき、章ちゃんとかしゃがんでました(笑)
どんだけジャンプしたいんだ。

最高で最強の思い出をありがとう



※ランキング登録しております。気が向かれましたらポチッとよろしくお願いします。

ジャニーズブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 安田章大
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

詳しくその時の様子を伝えて下さってどうもありがとうございます><
ヤスの電話ごしの言葉は不思議ちゃんですね~(笑)
教えといてありがとうって^^
レンジャーみたいに普段でもかわいいんだなー(笑)

そして、今できる範囲内でのできる最大限のことを
エイトがしてくれたのかと思うと感無量です。
なんてやつらだ(笑)
8人がステージに揃う日は絶対私もその場にいたいって
思ってたけど、今はそれ以上に彼らがしてくれたことが嬉しいです。

お疲れなのに、詳しいレポ、ありがとうございます!
読んでいると情景がわーっと浮かんできて、まるで私もそこにいたみたいに感じました。
読んでいるだけなのに、感動しました。
エイトはやっぱり間違いないグループですね。
大好きです。
私も内くんが揃った8人を、早く見たいです。
状況がはっきりするまでは、まだ手放しでは喜べないかもしれませんが、でもでも、よかったですよね。
本当に、エイトもエイターも、おめでとう!です!!

そして、章ちゃんの挨拶やら電話やら…かわいすぎますね ><
私もみんなにいじられる章ちゃんの姿が見たかった~~(*´∀`人*)(笑)

私もしょーた大好きな者です。
あの2日間はしょーたさんに泣かされっぱなしでした。
あのラストは忘れられませんし、しょーたの『これが関ジャニ∞だーっ!!』って叫びも忘れられません。
やっぱりあれが本来の姿なんですよねー

挨拶のとき、センターステージの端で、マルちゃんがしょーちゃんの衣装の襟を直してあげてた姿も印象的でした♪かわいかったデス

8→1
プロフィール

【佐伯つぐみ(章大担)】

Author:【佐伯つぐみ(章大担)】
雑誌にヨコと野中君(辞めジュ)が載ってからの関ジャニ贔屓。
でもV・WEST結成~エイト結成くらいまで一度離れていてちょっと浦島さん。「NANJANI KANJANI」でヒナ好きだったものの、ジュニアコンで章大に目がいくようになって、そのままエイターになりました。エルコン妖精コンビが大好物ですが、章ちゃんが絡めばどの組み合わせも美味しくいただけます(笑) 基本、エイトはどのコンビも可愛いですけどね。

メール:kkysdk@yahoo.co.
(最後にjpつけて下さいね)

最近のコメント
リンク
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ジャニーズニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。