スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここは京都~♪

マルちゃんの地元~~
そして私にとっての初ホール参戦~(今ツアーでは)
実は福井コンでは2公演とも3、4列目でめっちゃ美味しい席だったので、京都は2階ということもあり、なぜかアリーナ会場よりホールの方が遠く感じられたという(笑)
そんなこともあるんです。
だから「ホールだから狭くて美味しい」わけじゃないんですね。
もちろん両方味わえたからこその感想であり、行けなきゃそれも分からないわっ、とお叱りを受けるかもしれませんが

以下はすばるも書いていることなので、あえてネタバレとしては隠しませんね。お嫌な方はスルーして下さい。

すばるがレンジャーで京都の会場が好きっていってくれてましたが、私もなにか松竹座公演に似た空気を感じました。
ステージや客席の雰囲気は全然似てないのに不思議。
アルバムメドレーや強情にGOあたりがめちゃめちゃ松竹座を彷彿させるノリだったのです。
CDで聴いた時点では、ファンク系が大の苦手な私にとって、琴線に触れる曲は結構少なかったんですね。
メンバーがあそこまで「強情にGO」推しなのもいまいちピンときてなかった。
でも、ラスト近くで拳を振り上げながら歌う「強情にGO」は、まんま松竹座公演の空気を運んできてくれました。
なんだか懐かしくて嬉しくて、ずっと鳥肌立ってました。
ライブ曲として、確かにあれは「間違いない」1曲かもしれません。

私が見た1部はメインヴォーカルチームのソロ&ヒナダンス。
マイナーコード曲とメジャーコード曲で1部と2部を分けているのでしょうか。
ちょっと私にはバランス悪く感じました。
ヒナとマルはトレードしてもよい気がするなぁ。
もしくはヤスと亮ちゃんが交換でもよいかも。

MCはもっぱらKYO TO KYOの思い出話。
もうヨコとヒナがツボにハマりまくって、2人でげらげら笑ってました。
そしてすばるも知っているエピソードばかりなので、1人こっそりウケてたり。
マルはその時期のことは覚えているみたいで、ヨコヒナに「対でしたよね」といい、ヨコが「あ!弁慶と義経やんな!」と懐かしがってました。
主に、その頃いた怖い先輩とかのエピソードだったんですが、今とは全然雰囲気違いますよね。
「(大先輩に)今ならつっこむけど、アノ頃は言えなくて、いつも心の中でツッコんでた」というヒナに大笑い。
両端のヨコヒナがウケまくっていて、たちょと亮ちゃんはぼーっとその話を聞いてて、マルがたまに思い出したことを付け加える感じで、これもまた松竹座スタイルのMCだったかもしれません。
ちなみに章大はそれほど会話には参加してませんでしたが、あまりにもウケ過ぎて地べたに座りこんでばしばし床を叩いているヒナの肩をはたいて、立ち上がらせてました。

ライブ終わりに袖にハケていくとき、すばるが「ここは京都~♪」と歌ったのがむっちゃ嬉しかったり。
KTKのテーマ曲です(笑)

正直言って、京都のエイトメンバー若干名には思うところがあり、気持ちが引いてしまった瞬間がありました。
でも参加できなかった方のためにも、楽しまないと申し訳ない。
そう思いつつ何度か自分を鼓舞する必要があったことは否めません。
ネタバレ部分と軽いグチは「続き」に隠します。



そういえばホールでは衣装全取っ替えに近いんですね。
松竹座できていた衣装がチラホラ出てきて嬉かったです。
他のホールでも同じだったかもしれませんが、一応京都公演のメモとして。
explosionはオリジナルのノースリ衣装。そのまま「ミセテクレ」にいくので、このバージョンは男らしくていいですねぇ。
ノースリでギター弾く章大が珍しい。
ちなみに楽器も皆違ってましたね。
章大はいつもの青いのから、ウッディーなレスポールになってて、マルちゃんはかなり高級で繊細そうなベース。全体的に均一なダークブラウンの木でできているんですが、まさか1本まるまる同じ木?スマートなベースでした。
途中では赤のサマスペ衣装だったり、Mステでプロペラ歌ったときのブルー衣装だったり。全体的に好きな衣装がいっぱい
あのサイケなバルーンスカートにピンクレギンスを見なくていいだけ、私は気が楽でした(笑) たまに可愛く見えるけど、個人的には趣味じゃないんだなぁ。
レギンス脱いでくれたらいいけど。

以降、ちょこっと「天誅ーーー!」と叫んでますので、錦戸亮ファンと忠義ファンは回れ右してお帰り下さいませ(笑)



分かりやすいとこでいくと、「大阪ロマネスク」のイントロでがぶがぶ水を飲んだメンバーがいて。
そりゃないよ~~il||li _| ̄|○ il||li
ロマネスクで所定の位置についた途端、2人でがーっと一気飲みしたのは亮とたつよし。
情緒を求める私が間違ってるのかな…
せめて裏で飲んで…
「いつかまた」では、たちょは自分のソロが近づくまでぐったり階段ステージに仰向けになっていて、水も飲んでました。
あーーー、どん引き。
亮ちゃんはね、福井から結構咳き込んだりもしていて、長いタイムラグ明けの1発目のコンサートなのにもう声が枯れ始めていて。
風邪だったのかもしれませんね。
でも雨の沖縄で3日間ダイビングしたりしてたんですもんね。
うーん、たぶん風邪引くってのは素人目にも明らかな因果関係な気がします。違う原因かもしれないけども。
気分転換するなとか休むな、なんて非情なことはもちろん申し上げません。
でも雑誌のインタビューが対談で「コンディションやテンションを保つのが課題」と言っていたのも確かで、私、不言不実行と有言不実行がすごく苦手なんです。
だから当然雑誌でどんなカッコいいこと言っていても、態度で示されるまではメロりません(笑)

他にも色々私にとってもNG的問題行動とかあったんですが、相変わらずファンは「可愛い~♪」と盛り上がっていたので、きっと気になったのは私くらいなんでしょう(^^;;
そのテンションの差にまたさらに引いた部分もありますが。あはは。
ま、でももちろん楽しいこともいっぱいだったので、グチはここまでにします。
スルーせずに読んでくださった方、ありがとうございました。
お目汚しですみません。

もうちょっと落ち着いてから、仙台までに時間があれば追記します。
スポンサーサイト

テーマ : 安田章大
ジャンル : アイドル・芸能

コメントの投稿

非公開コメント

福井に京都にお疲れ様です!
天誅読ませていただきました。ファンだからこそ目につくところってありますよね。
ロマネで水一気飲みはちょっと嫌ですね。エイトって基本自由ですけどちゃんと締めるとこはちゃんと締める。それがプロだと思います。こんなことで嫌いにはなりませんが
やっぱりちょっと・・・。ファンだからこその毒発言。たまにあっても良いと思います。

おかえりなさいませ~。
早くもアリーナ、ホールと味わえたんですねぇ。
うらやましい。私はまだ1つもだー!(笑)

で、ファンですが回れ右はせずに読ませていただきましたよ。
私こうゆうのはちゃんと知りたいので。
多分私も佐伯さんと同じタイプやと思います。
その場の雰囲気ってゆうか自分の中のイメージってゆうか
そうゆうのにこだわるタイプかも。
(だからエデンでキスマイが回りまわったのとかイヤだった^^)

喉とかもねぇ。。亮ちゃんはジムとかは言ってるかも
しれんけど、特別毎日気をつけてることとかないって
言ってたじゃないですか。で、結果声が枯れてもそのまま。
すばるとかは松竹のときとかツアー中とかすごい気をぬかず
体調管理してる。見習ってほしいもんですよ。
ボイトレとかすればいいのに。とも思います。ね。

はい、私も回れ右はしませんでしたよ。笑。
自分でもホール公演を見て何度か握り拳作っていたので(苦笑)、ほぼ同感ですね。
もうちょっとボーカルとしての自覚を持て…と言いたくなります。てか、言ってるか(^^;;
あと、すぐ枯らす喉の何処が強いんじゃー!と。
過信しないで、自分をもっとちゃんと知って欲しいです(^^;;
本当は自分で気付くべき事なんだろうけど、目に余るようだったら注意して欲しいわ。一発ガツンと。
プロフィール

【佐伯つぐみ(章大担)】

Author:【佐伯つぐみ(章大担)】
雑誌にヨコと野中君(辞めジュ)が載ってからの関ジャニ贔屓。
でもV・WEST結成~エイト結成くらいまで一度離れていてちょっと浦島さん。「NANJANI KANJANI」でヒナ好きだったものの、ジュニアコンで章大に目がいくようになって、そのままエイターになりました。エルコン妖精コンビが大好物ですが、章ちゃんが絡めばどの組み合わせも美味しくいただけます(笑) 基本、エイトはどのコンビも可愛いですけどね。

メール:kkysdk@yahoo.co.
(最後にjpつけて下さいね)

最近のコメント
リンク
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ジャニーズニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。