スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏地がつきました!

情報BBSにも書きましたが、またまたオリスタの12月マンスリーアーティストがエイトなんですね@@
もうお金がーーー(;´Д`)
でもそれだけエイトを載せることが売り上げにつながったということでしょうから、喜んでおくことにします。

■ミニステ
エイト&melodyの皆さん。
堂アナからmelodyさん、ヒナ、マル、亮ちゃん、ヨコ(ここまでが壁際)、すばる、たっちょん、ヤスの順に並んでました。
今日はヒナがトーク担当なんですね。
ヨコが後ろにいると掛け合いがなくて少し寂しい。
章ちゃんとたちょが2人揃ってにまーーってチェシャ猫笑い(←不思議の国のアリスね)してるのがめっちゃ可愛い。
あ、トトロ笑いともいうか?
いったいなんの記念写真のつもりなんだっていう(笑)
あのクラヤスコンビをセットで飾っておきたいです。
亮ちゃんは礼儀正しく一例、マルはなぜかキメ顔で微動だにせずにカメラをガン見。
ヨコちょは一歩踏み出してガッツポーズ。
ヒナは小さくぱちぱちと拍手。
すばたんは静かにたたずんでおりました。

melodyさんがハワイ出身ということで、ヒナから大阪弁知ってますか?と質問が。
さっき覚えたというmelodyさん。
すんごい英語発音で「シャナイシャナイ」って(笑)
「しゃぁない」なんですね、それ(^^;;
そして後ろの方でちょこちょこ帽子をばっと取っては瞬間的にボウズをお披露目しているヨコ。
なんだろ、どっかで見た感じ。
ボウズっていうよりは超短髪?
すばたんはヨコの両肩の、あっちから顔を出し、こっちから顔を出しと地味に遊んでましたね。
「よろしくお願いしまーす」という挨拶で、ちゃんと手を前で揃えて、ボーイ風にお辞儀してるたっちょんが可愛い。
最後の最後、ヒナがアップになっている間にヨコがはたしてどんな暴れ方をしたのか不明ですが(笑)、引き映像になったとき、なにかにつまずいた感じで(もしかして自分の足?)後ろによろけてるヨコと、そんなヨコを支えようとしてるすばるが映ってツボりました。
男前さんはいつでも男前。
結構すばたんが大人しかったので(動きが)大丈夫かな?って思ったんですが、本編はそんなことは感じさせなかったですね。

■Mステ
うーん、曲調としては今までのシングル曲で一番ピンとこない感じかなぁ。
もちろんインパクトはあるんだけど、それは「中国系できたのか」という部分と歌詞の内容であって、曲はフツーですね。
それをエイト風味に調理してしまうメンバーがすごいのだと思います。
なにより楽しそうだから。
どんなイロモノ扱い的な曲でも、絶対本人達は照れてやったりしないから。
男らしいですよね。
それにしてもしょうたがとにかく可愛かったんだけど、気のせい? ←失礼な。
久しぶりに歌はじまりの3人で歌うパートのところ、乙女炸裂でしたね(笑)
シナをつくるんじゃなーい!
バク転はカッコよかったわ。
マルは髪を切り立てなのか、まだちょっと落ち着かない感じかな。
もう少し伸びて自然になったら好きかも。
あと忠義さん、なんでそんなガングロなん?
全体的に皆さん、顔色はあまりよくなかったな(^^;;
(忠義さんのガングロは別として)
事情を知っているから、そういう目で見てるってこともあるけど、やっぱりグループとしてどこか疲れが見えなくもなかった。
今年は本当にお疲れさまでした。

さて、曲調はフツーといいつつ、もう10回くらいリピートしてみてますけども。
どうしてもね、皆の表情やら動きが可愛くて可愛くて。
最初のVogue(ボーグ)な振りのところの山田はニコニコだし、一言ずつ発するところはヒナちゃん相変わらずの大声だし、すばるの変顔もヨコの寅さんぶりも(←なんかフーテンな感じ)色気ビーム出してるたっちょんも、カメラ見ないでメンバーばかり見てる亮ちゃんも、とにかく何度でも見たくなってしまいます。
ラストのVogueで亮ちゃんがしょうたの方を見て笑っているのが気になるなー
すばるもそっちの方見てるし。
そういうところは引きで見たかった。
でも、いつもはカメラワークについてけちょんけちょんに言ってしまうMステだけど、今日は気にならなかったな。
たぶんこまめにメンバーの立ち居地が入れ替わって、満遍なく皆が映っていたからか、それともまだ生で見てないから「ここを映してよ!」というポイントが分かってないからかも。
途中しょうたが後ろではあるけど、どセンターにいて、見ながらキョドってしまった。
一番笑ったのは、ウソ笑いが苦手な亮ちゃんの「ははーん」でした(笑)。
字幕は「あはは」(みたいな感じ)だったけど、亮ちゃんのは完璧「ははは~ん」だったよね。
どんな歌を歌っても、やっぱり愛しいエイトなのでした。
コンサートではどの辺を手振りですればいいのかなぁ。。
脳内で合わせてみようと思ったけど意外に難しかった。
とりあえず「よっしゃー!」は言いたくなるね。

そうそう、皆さん、ミサンガをつけていいたようで。
この姿勢が好き。
コンのグッズでも、CDのオマケでも率先して身につけてくれるから、それがどんなダサダサでも(コラ)購入するこちらとしては「お揃い♪」と喜ぶことができる。
なんだか特典に結構批判的な意見も聞きますが、それは社会人未満の人達だと思いたいなー(笑)
「仕事をする」「営業をする」立場からみたら、驚くことでも嘆くことでもないし、あえて戦線離脱したいなら話は別だけど、営業企画はもっとシビアな観点で仕事していると思うけどなぁ。
ただ、過剰になってしまうと、ビルボード(だったかな?)でこの間あったようにルール違反としてカウントから削除されることもあるけど。
でもそのとき、当事者のアーティストが「ボクはランキングのために特典を考えたのではなくて、皆に楽しんでもらいたいと思って作った結果がこうだっただけ」とコメントしていて、そういう考え方は素晴らしいなと思った次第。
特典がどんな意味を持つかは、売る側の意志もさることながら、受け止める側次第って気がするんだけど。
本当に購入者のことを考えて特典をつけても、理解されないのでは気の毒ですね。
邪推するのは、他の誰でもないその人自身が普段他のアーティストの売り上げをそういう視点でしか見ていないからでは?
まーいーです。
それは個人の自由ですもの。

ただ、エイトはそれがどういう理由での特典か、理解した上でしっかり自分たちのすべき仕事をしているんだと思います。
彼らはずっとずっと大人ですよね。
ちなみに好きやねんの握手会だって、CD購入した後の発表でしたよね?
購入前ならともかく、握手するためにもう1枚買わなくてはいけないんだから、この時点でもっと皆とやかく言えばよかったのに(笑)
握手はいいけど、ミサンガは気になるのかな。
色々分析していくと面白いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご無沙汰してます。
忙しすぎてまだMステを観ていません(><)。
最近はアルバムなどでも初回通常

>たつみさま
もちろん「全色揃えたいのにお金が無いよぉ~(T△T)」という嘆きは可愛いもので、ファンならではだなーと思うから、それは全然批判だと思ってないんですけどね。
わりと「今までと急にやり方が変わった。エイトらしさがなくなった」とか、他にも一般人はそのへん気にしてないんじゃないかなーというような心配をしていたり、エイターは今まで比較的テイチクさんに丁寧に扱ってもらえてたから慣れてないのかなと思えるような感想をよく見かけたんですよ。
全色集めたいけど集められないから、諦めるくらいなら最初っからそういう販売方法はやめてほしいというのって、違うなぁと。
単色でも構わない人もいますし、全色買う人もいますし、それは各々の判断に任されてますから。
ただ、8色揃わない限りは何色セットだろうとイヤ、という気持ちはすごく分かるので、そういう視点から見れば、もうすぐ色んな期待と願いが込められた2007年を迎えようとする寸前のタイミングでこの企画は微妙なのかもしれませんね。
ソロコン、まだまだ夢のようで実感が伴っていませんが、もしかしたら松竹座の前で泣いてしまうかもしれません(笑)
このソロコンの後ならすばクラコンももうちょっと落ち着いて見れたかも?
まぁ今言っても詮無いことですね。
またオーソレ感想とか聞かせて下さい♪
プロフィール

【佐伯つぐみ(章大担)】

Author:【佐伯つぐみ(章大担)】
雑誌にヨコと野中君(辞めジュ)が載ってからの関ジャニ贔屓。
でもV・WEST結成~エイト結成くらいまで一度離れていてちょっと浦島さん。「NANJANI KANJANI」でヒナ好きだったものの、ジュニアコンで章大に目がいくようになって、そのままエイターになりました。エルコン妖精コンビが大好物ですが、章ちゃんが絡めばどの組み合わせも美味しくいただけます(笑) 基本、エイトはどのコンビも可愛いですけどね。

メール:kkysdk@yahoo.co.
(最後にjpつけて下さいね)

最近のコメント
リンク
カテゴリー
シンプルアーカイブ
ジャニーズニュース
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。